北海道環境科学研究センター

トピックス 更新情報 お問い合わせ リンク

金属成分

有害大気汚染物質として大気中金属成分のモニタリングが全国的に進められていますが、都市域におけるこれらのデータを評価するためには、近傍の発生源による影響を受けにくい地域における濃度(バックグラウンド濃度)を対照評価基準とする必要があります。 当センターでは、清浄地域における大気エアロゾルおよび含有成分の長期モニタリングによって、広域的な環境変動の動向および機構解明、濃度評価基準の設定等を目的とした研究を進めています。 

微量金属

調査研究成果例 

大塚英幸 加藤拓紀 岩田理樹 野口泉 松本寛 酒井茂克 秋山雅行:清浄地域における大気エアロゾル中の金属成分 -1997〜2001年度における動向について-、北海道環境科学研究センター所報、29、P33〜39、2002 

・大塚 英幸:清浄地域の空気質に関する研究 −金属成分について−、北海道環境科学研究センター所報、27、p79〜82、2000 

・加藤拓紀:清浄地域の空気質に関する研究、北海道環境科学研究センター所報、25、p73〜75、1998

参考資料 

1.必須元素:http://www.nittech.co.jp/E03/E0310.html 

2.金属の用途: http://www.mmaj.go.jp/page/index.html 

3.金属マテリアルフロー : http://www.mmaj.go.jp/mric_web/material_flow/mineral_resource.pdf

エアロゾル調査

 
 長距離輸送エアロゾル

Copyright © 北海道環境科学研究センター. All Rights Reserved.