北海道環境科学研究センター

トピックス 更新情報 お問い合わせ リンク

長距離輸送エアロゾル

これまでの北海道内のフィールド調査・研究により、近隣の発生源も重要ですが、他の地域や国の発生源から放出された汚染物質が運ばれてくる現象もきわめて重要であることが分かってきました。  この現象は大気汚染物質の長距離輸送と呼ばれています。これらの汚染物質はガスやエアロゾル(粒子)として直接沈着する場合や、雨や雪に取り込まれて沈着する場合があり、酸性雨の原因ともなります。また、春先に見られる黄砂も長距離輸送されたエアロゾルです。

エアロゾルへ

金属成分
水溶性イオン
黄砂

日高における長距離輸送エアロゾル調査

 
▲ 長距離輸送へ

Copyright © 北海道環境科学研究センター. All Rights Reserved.