北海道環境科学研究センター

トピックス 更新情報 お問い合わせ リンク

窒素酸化物(NOX

窒素酸化物は主に化石燃料の燃焼によって発生します。化石燃料中の窒素分も寄与(Fuel NOX)しますが、空気中の窒素ガスが酸化されて排出される寄与(Thermal NOX)も大きいのが特徴です。固定発生源と自動車などの移動発生源の寄与は同程度です。窒素酸化物には、燃焼で生成される一酸化窒素(NO)と、その酸化物である二酸化窒素(NO2)があり、これらの和を窒素酸化物(NOx)と呼びます。大気中のNO2濃度は昭和40年代から50年代にかけて減少しましたが、その後は横ばいが続いています(右図参照)。これは三元触媒によるNOXの還元など発生源対策を講じたものの自動車台数が増加していることに起因します(環境省環境白書:http://www.env.go.jp/policy/hakusyo/)。またNOXはさらに酸化され、HNO3ガスやエアロゾルの硝酸塩となり(NOXに起因するこれらの物質を総称してNOYと呼ぶ。)、酸性雨の原因物質としても有名です。硫酸や硫酸塩より沈着しやすく、近隣の中国や韓国の影響はあまり大きくはありません。これらの国のNO2発生量はほぼ横ばいと考えられています。なお、自然界においては雷によるNOXの生成があります。

 北海道で行っている調査研究 

a.自動測定 

b.パッシブサンプラーによる調査

c.水溶性イオン 

d.湿性沈着(酸性雨)

全国のNO2濃度のトレンド

▲環境大気へ

Copyright © 北海道環境科学研究センター. All Rights Reserved.